2011年11月21日

大気観測 ver0.2.0をリリース

mzl.peyrwxax.jpg

大気観測のVer0.2.0がリリースになりました。
表示をガラッと変えて、グラフ表示するようにしました。
でも、本当の大きな変化は、サポートするエリアが、川崎市内から全国対応としたところです。

TK_top_new.png

最初は、川崎市の公害監視の情報しか知りませんでしたし、わたしが川崎在住なので、それで十分でした。
しかし、測定局が、全国に1700個所弱もあると知り、この情報を気軽に利用したい人がいるのではないか?これだけ税金をかけて測定している情報を国民は知る権利があるのではないか?と、アプリの構造をガラリと変えて全国対応にしてみました。

<使い方>
さて、使い方ですが、ver0.1.0と変わりませんが
アプリケーションをAppStoreからインストールしたら、
ネットワークとGPSが繋がる場所で、起動するだけです。

起動中の画面が表示された後に、下のような画面が表示されます。

TK_top2.PNG


最寄の測定局で1時間ごとに測定された値のグラフを表示します。
法律で基準値が定められている汚染物質については、基準値のグラフ(オレンジのライン)を表示しています。
基準値に対する測定値(ブルーのライン)の位置と、傾向(増加しているか、減少しているか)を判断の材料としてもらえればと思います。


各種汚染物質についての説明がなくて分かりづらいですが、
チェックすべき物質を上部に配置しています。
光化学オキシダント(Ox)がもっともチェックすべきです。
あとは、花粉症などの方は、シーズン中はSPMも見ていただくといいかも知れません。


測定値が少ない局があったりと、改良がまだまだ必要ですが、近所にこんな値を測定している場所があったんだと知っていただき、その情報を生活の中で活用していただければと思います。

膨大な拠点数なので、場所によっていろいろな不満や要望があるかと思います。
わたしが気づかないことも多いので、ご意見いただければ、対応できるかも知れません。

<動作条件>
iPhoneの動作確認環境:
iOS5でも動作確認を行っております。
下記の組み合わせでしか確認できていませんが、古いバージョンのハード・OSでも動くようにコンパイル(アプリの作成)をしているので、おそらく動くと思います。
o iPhone 3GS + iOS5.0.1
o iPhone 4 + iOS4.3.5

その他の動作条件:
o 日本国内
o ネットに繋がること、位置情報(内臓GPSなど)が使用できること

海外からのアクセスがときどきありますが、残念ながら国内しか対応していません。;;
(海外の大気常時観測の情報がありましたら、対応していきたいです。)

よろしくお願いします。

下記のイメージをクリックすると、iTuneStoreからアプリをダウンロードできます。
app-store_small-thumbnail2.png


書き忘れましたが、無料・広告アプリです。
気に入ってもらいアプリの中の広告をクリックしてもらえると、発火性物質ヤルキンに火がつきます。
(やる気がでます^^)



posted by jun at 14:27| Comment(0) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。