2011年12月22日

上野で大気観測

寒いですね。
今日は、冬至。
一年で最も日の短い日ですね。

今日は、用事があり上野に行ってきました。
首都高の近くを歩いていると、排気ガスの臭いがひどい。
そこで、シュパッっと「大気観測」を起動。

NO2の値はどうかなと見てみたわけですが、そんなに高くない。
グラフも然り。
距離を確認すると、2.2km。

なるほど、2キロも離れてると、ダメですね。残念。
ついでに、気温の変化も見てみると、朝方からどんどん気温が下がり、3度。
寒いわけです。
こんな風に、気温の変化チェックにもわたしはよく利用しています。

みなさんもよろしければ。
ではー。
posted by jun at 15:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

iPhoneアプリ『大気観測 0.2.2』をリリースしました。

mzl.peyrwxax.jpg

大気観測のVer0.2.2がリリースになりました。
付近の測定局の中から、表示する測定局を選べる機能を追加しました。

<手順>
@ 地図表示で、吹き出し内のボタンから、測定局を選択する。
A リスト・グラフの各画面で情報をリフレッシュする。
B 最寄以外の測定局の情報が確認できます。

<その他>
広告関連ライブラリの不具合対応
(AdMaker SDK 2.6へのアップデート)
(Google AdMob SDK 5.0.5へアップデート)


kidou.PNG
(起動中画面)

大気観測には次に示すような4枚の画面があります。

(1)リスト画面
起動直後に表示される、現在の汚染物質の『値(数値)』を確認するための画面です。
(これは、ver0.1.0のときと同じ形式の、物質ごとに現在の測定値をリストで示す画面です。)
基準値が定められている物質については、基準値に対するパーセンテージを表示します。

lsit_view.PNG
(リスト画面)



(2)グラフ画面
大気汚染物質の傾向を確認するための画面です。
測定局によっては、気候情報が見れるため、気温・湿度の上がり下がりなども確認できます。

graph_view.PNG
(グラフ画面)



(3)地図画面
地図上で、現在地と測定局の位置関係を確認できます。

map_view2.png
(地図画面)


(4)情報画面
まだ、書き始めたばかりですが、専門用語などの説明など、アプリを補足するための情報を準備していこうとおもいます。

info_view.PNG
(情報画面)

iTuneStoreのアプリのページへのリンクです。iTuneStoreページからアプリをダウンロードできます。
無料ですので、ぜひお試しください。
app-store_small-thumbnail2.png


posted by jun at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

世界対応の調査

今日は、世界対応にできたら面白いと思って、いろいろ調べてみたが、そんな情報が見当たらない。
英語力がないと辛い。

ただ、日本はもうどこに行っても、山奥に行っても、世界レベルでは空気が汚染された場所なのだと、ショックを受けた。北半球、特にユーラシア大陸の東部とギニア湾がひどい。

mzl.peyrwxax.jpg
NASAの資料より(http://earthobservatory.nasa.gov/IOTD/view.php?id=4497

posted by jun at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。